剣道の竹刀のサイズの選び方

武道家におすすめの情報

剣道の竹刀のサイズの選び方

 

竹刀にはさまざまなサイズがあります。

 

竹刀の長さはセンチメートルではありません。

 

尺と寸であらわされています。

 

小学生以下が使用する3尺6寸は、

  • 36(さぶろく)と呼んでいて111センチメートル

という感じです。

 

また、小学生以下は3尺6寸以下の竹刀で、特に規定がありませんが中学生以上になりますと、長さや重さに規定があり、それに適さない竹刀は、使用することができません。

 

それぞれの規定です。

 

小学生以下

 

小学生以下の児童は3尺6寸以下の竹刀を使用し特に規定はございません。

 

目安として

 

  • 幼年 28(にっぱち)2尺8寸
  • 小学生1・2年 30(さぶぜろ)3尺・32(さぶに)3尺2寸
  • 小学生3・4年 34(さぶよん)3尺4寸
  • 小学生5・6年 36(さぶろく)3尺6寸

 

となっています。
小学生は成長の度合いが大きく違います。
使用する竹刀の目安として床から脇の高さを目安に、竹刀のサイズを使用するといいでしょう。

 

中学生

 

中学生は3尺7寸の37(さぶなな)です。

 

重さは男は440グラム以上、女は400グラム以上必要になります。

 

高校生

 

高校生は3尺8寸の38(さぶはち)以下の竹刀を使います。

 

重さは男は480グラム以上、女は420グラム以上必要になります。

 

大学生から一般

 

大学生から一般は3尺9寸の39(さぶく)の竹刀を使います。

 

重さは男は510グラム以上、女は440グラム以上を使います。

 

 

竹刀の形の選び方はこちら

 

剣道で短期間に上達するならこちらがおすすめ

 

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について
竹刀はどれも同じように見えて、形に種類があります。その種類ごとに特徴があり、練習に適しているものや試合に適しているものなど、さまざまな種類があります。それぞれの特徴をつかんで、自分の目的に合った竹刀選びをできるようにしましょう。
剣道初心者でもわかる竹刀の作り方や組み立て方の動画を紹介!
竹刀を組み立てるのは、初心者にとっては非常に難しいものです。写真などで解説しているサイトもありますが、動画で作り方や組み立て方をわかりやすく解説している動画がありましたので紹介いたします。
剣道の竹刀の部位の名称とは?上達のために覚えるべき竹刀の名前とは?
剣道で使う竹刀ですが、各部位で名前がついています。その基本的な名前を紹介しています。
竹刀袋を選ぶときのポイント
剣道の竹刀袋はさまざまな種類や色が販売されています。竹刀袋は、長い間使うものですので、自分に合った竹刀袋を選ぶことが大切です。竹刀袋を選ぶときのポイントを紹介します。
剣道の竹刀の握り方持ち方の動画
剣道の竹刀は基本の持ち方があります。その持ち方で持つと、無駄な力が入らず、必要なときに素早く竹刀を振ることができます。その基本の持ち方の動画を紹介いたします。
剣道の竹刀の中結い(なかゆい)の結び方のわかりやすい動画を紹介!
竹刀の剣先の手前にある中結い。試合中に緩んだりして動いてしまい、直している光景をよく見かけます。中結くらいは、自分で結べるようにしておきたいものです。わかりやすい動画を紹介しておきます。
おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける
剣道で必要な筋肉は、剣道の動きでつけるのが理想です。素振り用の竹刀を使うことで、剣道に必要な筋肉をつけることができます。
竹刀のお手入れやメンテナンスの道具
竹刀は、すぐ割れる、ささくれる、という問題があります。しかし、しっかりメンテナンスをすることで、それら防止し、割れにくく長持ちさせることができます。ぜひ、ご覧ください。
軽く感じる実戦型竹刀の激安販売店
同じ重さの竹刀でも重心が手元に近くなる実戦型竹刀なら、かなり軽く感じます。そのため、スピード型の剣道をする人にとっては実戦型の竹刀はおすすめです。操作性がよく、返し技や応じ技も出しやすい試合用の竹刀といっていいでしょう。そんな実践型竹刀の激安通販店の紹介です。
カーボン竹刀のメリットとデメリットとは?試合で使うのはどうなの?
剣道の竹刀は、多くの人は竹の竹刀を使っています。それ以外にはカーボン竹刀があります。竹刀と比べて折れにくく、ささくれもできにくい竹刀です。竹の竹刀とは打突の感触や音が違いますので、初心者には不向きともいえます。激安で販売されているお店を紹介いたします。