他の剣道場への出稽古の時に気をつけたい3つのポイント

武道家におすすめの情報

他の道場への出稽古の時に気をつけたい3つのポイント

他の道場への出稽古の時に気をつけたい3つのポイント

通常、剣道を習う場合、自分が所属する道場は一つに限定されるものです。

 

しかし
「井の中の蛙大海を知らず」
という言葉もある通り、剣士としてのキャリアアップを図るのであれば、

  • 同じ地域であっても違う道場に通う
  • どこか違う町の道場へ遠征をしてみる

なども必要なのではないでしょうか。

 

これを通称「出稽古」というのですが、やはり「トコロ変わればなんとやら」で、道場や剣道連盟、地域によって細かく稽古の運用というものは異なります。

 

そこで、今回は他の道場へ出稽古をする際に気をつけたいポイントを2つご紹介していきます。

 

まずアポイントと許可を取ろう

最初のポイントとして、まずはその稽古に参加したい

  • 剣道連盟
  • 道場

に対してアポイントと許可を取ることが必要です。

 

通常、遠征稽古の場合は大きく二つの参加タイプがあります。

 

剣道連盟が主催

一つは随時、他の道場や一般の方からの参加を受け付けているという、比較的パブリックな稽古に出稽古として参加するタイプです。

 

これは、主に地域を統括する

  • 剣道連盟がその主催

となって行っているものがほとんどです。

 

こちらについては、現在所属している道場から案内があれば、既に
「この道場からはその稽古に出稽古しても良い」
という話が通っていることになります。

 

特段の許可などは必要なく、そのままダイレクトに稽古に参加することが可能です。

 

道場が個別主催

もう一つのタイプは先程のパブリックな稽古ではなく、いわゆる

  • 道場が個別に行っているようなクロースドな稽古

への参加(出稽古というよりはゲスト参加)という方法です。

 

こちらの場合については、パブリックな剣道連盟など主催の稽古とは異なり、道場に対して所属している人間が、会費などを払って稽古をつけてもらっていることがほとんどです。

 

いきなりポンポンと参加していくわけにはいきません。

 

必ず現在所属している道場の事務局を通して、

  • 相手方の道場の事務局
  • 指導者の先生

にお伺いを立て
「この日の稽古に参加しても良い」
という許可をいただくことが礼儀として必要です。

 

というより、そもそもこの許可がなければ完全なる門外漢ですから、道場に入ることができたとしても、稽古に参加できるかどうかは保証されません。

 

必ず、上記の手続きを踏んで、相手方の道場にお邪魔して稽古をさせていただくことについて、許可をいただくようにしましょう。

 

ちなみに、その道場の所属でない人間が許可なく、そしてたれネームを外して稽古に参加するのは、多くの地域でマナー違反とされていますので絶対に避けるようにしましょう。

 

 

水分補給のルールは特に確認しよう

そして、パブリックな稽古であれクローズドの稽古であれ、初めての出稽古にデビューができた時点で、もう一つ確認しておきたいことがあります。

 

それが

  • 「水分補給のルール」

です。

 

最近は東北以北の北海道などの涼しい地方を除いて、水分補給を禁じているような道場はほとんど無いはずです。

 

もし、昔ながらの考え方をお持ちの指導者の先生がいらっしゃる道場で、水分補給を禁じられているという場合は、ルール上、あなたがその稽古に出稽古として参加している以上は、水分補給を稽古中に行うことはできないと思った方が賢明です。

 

もしもそれで健康的なリスクを感じるのであれば、出稽古を行う道場を考えたほうが良いでしょう。

 

剣道熱中症予防と水分補給

 

時間の感覚についても確認しよう

そして、時間厳守の道場もあれば、

  • 終了時間が延びる道場もある

ということを知っておかなければなりません。

 

こればかりは、道場に何回も通って稽古に参加しなければわからない部分です。

 

しかし、やはり出稽古ということは、それだけいつもと違う移動手段を使うことにもなりますので、終了時間については確実に確認しておくと良いでしょう。

 

特に40代から50代くらいの比較的お若い指導者の場合は、時間管理もしっかりしていることが多いです。

 

終了時間が仮に19時30分の場合は19時15分頃には稽古の「ヤメ」をかけ、面を外して整理運動などに入り、そして30分には完全に稽古が終了しているというスケジューリングをされているケースがほとんどです。

 

反面、特にご高齢の指導者の先生の場合は、上記の流れで行くとついつい指導に熱が入り19時45分に稽古の「ヤメ」、20時に完全終了という30分オーバーというケースも往々にしてあります。

 

こうなるとその後の行動計画にも支障が出ますので、やはり時間厳守の道場なのか、終了時間が延びることを前提とした道場なのかについて、確認をしておくと良いでしょう。

 

日本屈指の指導者から剣道を学ぶならこちらがおすすめ

 

まとめ

今回は他の道場にお邪魔して稽古をつけていただく
「出稽古」
という方法について、そのマナーや許可の取り方、確認しておきたいポイントについてご紹介をいたしました。

 

出稽古は剣道のスキルアップはもちろん、人脈形成にも非常に有効な手段です。

 

これらのポイントに気をつけて、積極的に出るようにすると良いのではないでしょうか。

 

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道で大切な礼儀や精神面の考え方とは?剣道修錬の心構え
剣道は武道です。勝敗ももちろん大切ですが、それよりも大切なのは、精神面や礼儀です。恐怖心を超えることであったり、下の相手でも敬意を忘れず、油断しないことであったりです。これが、剣道上達ための元になるものです。ぜひ、ご覧ください。
卒業や卒団の時に先輩や先生に喜ばれるおすすめの記念品や贈答品
春は卒業や卒団のシーズンです。今までお世話になった先生や先輩に、今までのお礼や感謝の気持ちを形にして伝える時でもあります。そんな先輩や先生に喜ばれるおすすめの記念品や贈答品を紹介いたします。
剣道で重要な心技体一致について
精神と技術、そして体捌きが満たされて初めて一人前の剣士になります。試合で勝つためにはそれらの鍛錬が大切になり、それらを理解することによって剣道の上達は早まります。心技体一致について紹介いたします。
強い剣士になるなら礼儀作法と精神力(メンタル)が重要です
強い剣士になりたいと思っているなら、礼儀作法から始めることです。相手に対して尊敬の念を持って常に試合に臨みます。メンタルを鍛えることも大切です。精神力は、剣道の試合で勝つためには非常に重要な物で、試合で自分の力が出せるか出せないかは、このメンタルが大きな影響を与えます。
剣道初心者で子供と大人とでの練習の違いとは?理解して上達しよう!
剣道上達に必要なのは才能ではなく圧倒的な努力です。それは、子供も大人も関係がありません。しかし、大人の場合、趣味や健康維持を目的として剣道に欠かせない重要な基本動作を疎かにしていることがあります。そこに大きな原因があるといえるでしょう。
剣道の基本は気・剣・体の一致で有効な打突を決めること
剣道の試合で勝てる体質を作る3つのエッセンス重要な要素を紹介いたします。「気剣体一致」の状態で有効に打突しなければならないということ。自分の得意技を見つけること。試合で実力を発揮できる精神力をつけること。です。
剣道でもイメージトレーニングは必要です!大会で勝つために重要なこと
剣道の試合で練習通りの実力を発揮できる選手というのは少ないかもしれません。それは、大会は普段とは違う場所や環境のため、体が危機的な状況と判断して反応してしまうからです。大会で勝つために重要なことを紹介いたします。
一本取り消しも!?試合の際に選手も観客も気をつけたい「マナー」とは?
剣道というのは試合の際にも非常に礼節を重んじるスポーツの一つです。剣道のマナーというのは剣士のみならず観客にも求められます。そこで今回は一本取り消しもありうるという、剣道の試合の際に気をつけたい「マナー」についてご紹介をしていきます。
昇段審査や大会の試合では、剣道着や竹刀、防具等の着装はきっちりと着用を!
剣道をするために身に付ける剣道着。竹刀や防具の着装は乱れることなくきっちり着用しなければいけません。着装の乱れは気のゆるみ、技も中途半端になります。普段の稽古から自分の体に合った剣道具を身に付けることが、昇段審査や試合のいい結果に繋がっていきます。正しい着装、乱れていない剣士は強いです。着装を正しくするポイントが何点か紹介いたします。