強い剣士になるなら礼儀作法と精神力(メンタル)が重要です

武道家におすすめの情報

礼儀に始まり礼儀で終わる

強い剣士になるなら礼儀作法と精神力(メンタル)が重要です

礼儀作法が出来ていないと、強い剣士にはなれません。

 

剣道をしている人で、葉隠れの精神があると言う事を聞いた事がある人は多いでしょう。

 

剣道は武道と言う事もあって、常に礼儀作法を重んじていなければなりません。

 

遥か昔、剣士同士が切り合いをしている時でさえ、いきなり相手に切り掛かると言う事は剣士の恥としていました。

 

剣道でも、それは常に重んじておかなければならない事であり、強い剣士になりたいと思っているなら、礼儀作法から始めるべきです。

 

試合でどのように役に立つかと言う事は、また別の話になりますが、剣道に対する姿勢がまっすぐであればある程、強い剣士に近づいて行きます。

 

その基本、通り道として礼儀作法があると言う訳です。

 

メンタルを鍛えるには礼儀作法を重んじる

挨拶もそうですが、相手に対して尊敬の念を持って、常に試合に臨むと言う事が重要になってきます。

 

真剣勝負と言う言葉は、昔の武士が真剣に生死の狭間で戦っていた事から、その言葉が来ています。

 

武道は常に真剣勝負であり、相手との戦いでもあれば、自分との戦いでもあります。

 

意思が弱ければ、それで試合は負けてしまうでしょう。

 

そうならないためにも、メンタルを鍛えると言う意味で、礼儀作法を重んじる事は重要と言う訳です。

 

剣道で大切な礼儀や精神面の考え方 剣道修錬の心構え

 

挨拶から変える事が重要

剣道をしている人を端から見たら、変な目で見られる事があります。

 

大声を出して試合に臨む姿は、第三者から見れば確かに不思議に感じる事も多いでしょう。

 

しかしこれが剣道の基本であり、場合によっては声を出さないと一本とれない事もあります。

 

華麗に一本が決まったとしても、声を出していなければ、一本にならないとなると、いくら剣道がうまい剣士でも損してしまいます。

 

これは、いつもの練習の時から気をつける事で、改善する事が出来ます。

 

もちろん、礼儀作法を重んじると言う意味では、挨拶から変える事が重要になってきます。

 

誰に挨拶をする時も、大きな声でハキハキと挨拶をする事によって、練習や試合でも大声が出せるようになるでしょう。

 

そこで恥ずかしいと思っていたら、その恥ずかしさを一刻も早く捨てた方が良いです。

 

真剣勝負をする上で、恥ずかしさを感じていたら、その時点で一歩相手に負けてしまう事になります。

 

剣道に必要な基礎体力は?

持久力は最も重要になります。

 

剣道の試合で勝ちたいと思っている人は、技の練習や俊敏な動きを練習する前に、持久力を付ける事が重要です。

 

勝ちたいと思ったら、相手の動きを見極めて技を決めれば良いだけですが、それに至るまでにかなり体力を消耗してしまいます。

 

負ける原因として、自分の技の下手さや、剣道の技術力の無さだと思っている人は、一度持久力が無いと言う事を見つめ直した方が良いでしょう。

 

剣道に必要なスタミナを高負荷短時間のインターバルトレーニングで身につける

 

持久力がメンタルに影響

試合をしている時に疲れてしまうと、それだけで動きが鈍くなってしまいますし、メンタルも「負けそう」と思い始めてきます。

 

その一瞬の気のゆるみや、心境の変化一つで剣道の勝負と言う物は、決着がついてしまいます。

 

持久力を付けるためには、ランニングはもちろんですが、素振りをする事も重要になってきます。

 

筋肉を付けつつ、持久力まで鍛える事が出来る素振りの練習は、剣道をする人にとってかなり重要になってくる練習法です。

 

試合時間フルに戦えるスタミナと瞬発力を同時に鍛えるタバタ式トレーニング

 

 

意外と重要な精神力!

剣道では、様々な練習法がありますが、中々鍛える事が出来ないのが精神力です。

 

この精神力は、剣道の試合で勝つためには、非常に重要な物になってきます。

 

精神力が弱い人は、いつまでたっても試合で勝つ事が出来なくなってしまいます。

 

例えば、県内でも有名な強豪校や、強いと噂の剣士とあたってしまった時に、その時点で諦めてしまう人がいます。

 

自分の技術力では勝つ事が出来ないと思っているなら、その時点で試合は終了です。

 

しかし、メンタルが強ければ、どんな相手にでも立ち向かう事が出来る、屈強な心を持つ事が出来ます。

 

そのメンタルこそが試合に勝利するための、第一歩になると言う訳です。

 

鍛え方は人それぞれですが、一番はモチベーションを挙げると言う事が挙げられます。

 

プロスポーツ選手のメンタルトレーニングを学ぶならこちら

 

効果的な稽古法

剣道では、声を出す事が重要であり、練習の時から声を出す事が必要です。

 

発声練習とまではいきませんが、様々な稽古をして行く中で、手を抜かずに声を出す事が必要です。

 

しかし、声を出しすぎるあまり手首に力が入ってしまう事があります。

 

そうなってしまうと、思った以上の成果を出す事が出来なくなってしまうので、要注意です。

 

あくまでも、大声を出すと言う事に意識を持って行く事で、改善出来るでしょう。

 

掛かり稽古の重要性

そして、剣道の醍醐味である掛かり稽古です。

 

これは、剣道のいろはを表している稽古と言っても過言ではありません。

 

「面、胴、小手」等の基本的な物から「小手面、鍔迫り合いからの引き胴」等応用技にも対応しています。

 

そして何より、次々に技を繰り出さなければならないため、持久力が最も必要になってきます。

 

ランニングよりも効果的な稽古法と言えるので、とにかく掛かり稽古をすると良いでしょう。

 

日々稽古の掛かり稽古や地稽古で意識しておくこと

 

素振りも怠ってはいけない

剣道の練習では、素振りを怠っては行けません。

 

腕力を付ける事もそうですが、素振りの一つで、試合で勝てるかどうかが左右されてくるのです。

 

素振りをすれば、腕力がつく事は周知の事実ですが、試合の時にどういう振り方で一本をとれば良いか、と言う事がイメージ出来ます。

 

ただの素振りでも、されど素振りと言う感覚を常に念頭に置いて、素振りをすると良いでしょう。

 

正しい素振りの方法を学ぶならこちらがおすすめ

 

試合で勝てるようになるには?

練習で出来なかった事は、試合で発揮出来ません。

 

試合で勝ちたいと思った時に、練習の事を思い出す事があるでしょうが、練習で出来なかった事は試合でもいかせません。

 

よく試合で120%の力を発揮すると言う人がいますが、最大でも試合では練習の80%しか発揮出来ないと言うのが主流です。

 

大きな会場ですと、様々なプレッシャーがかかりますし、最大限の力を発揮しようと思っても出来ません。

 

そのため、試合で勝ちたいと思っているなら、練習をより真剣に打ち込むと言う事が重要です。

 

「このくらいがんばってれば勝てるだろう」という考えなら、「このくらいの練習量ではまだ足りない」という考えに、シフトチェンジさせた方が良いです。

 

常に高見を目指す事によって、自分自身を超えるために、練習する事だけを考えられるようになり、強い剣士に近づいて行くでしょう。

 

イメージトレーニングが最も重要となる

自分の満足いく練習が出来て、試合へと臨む場合に、直前はイメージトレーニングをすると良いです。

 

直接試合となると、緊張等のプレッシャーで、上手い試合運びを出来なくなってしまいます。

 

しかしイメージトレーニングをする事で、相手に勝利する事だけを考えていれば、自然とメンタルも強化されていくでしょう。

 

勝つ事を考えれば、その時点で度胸がついてきますし、相手を打ち負かす気持ちで試合に臨めます。

 

試合中に正しい動作の判断ができるようにイメージレーニングを行う

 

竹刀や防具の手入れは怠らない

全ての道具は大切に扱う事が重要です。

 

竹刀、防具、剣道においてどれも、重要な道具になってきます。

 

これらの道具を乱雑に扱っているなら、その時点で強くなると言う事は諦めた方が良いでしょう。

 

道具を大事にする事と、強くなる事では大きな違いがありますが、実はかなり近い関係にあるのです。

 

例えば、竹刀のささくれによって試合中に試合が中断したとします。

 

そうなれば、竹刀を変えて新たに試合を始める訳ですが、その時点で集中力は切れてしまいます。

 

防具に関しても同様に、紐が途中で切れれば試合が中断してしまいますし、集中力も切れます。

 

毎日の生活の中で、道具を大切に扱うと言う事は、かなり重要になってくる訳です。

 

竹刀のお手入れやメンテナンスの道具

剣道おすすめラインスタンプ

剣道をしている人におすすめのラインスタンプです。

剣道大会の結果報告に使えるスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

日常で使える剣道イラストスタンプ

剣道おすすめラインスタンプ

剣道で上達する方法

剣道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、剣道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

剣道の竹刀を安く買えるお店

剣道で最もお金を使うものといえば、竹刀ではないでしょうか?
確かに防具も価格の高いものにはなります。
しかし、竹刀は頻繁に割れたり、ささくれができたりして、剣道をしている間何度も何度も買い替える必要があります。
そこでおすすめなのが、ネット通販で購入することです。
仕組みの竹刀でも、店舗の竹のみを買うよりも安く購入することができます。
また、実践型や胴張り型などの竹刀の種類も豊富で、安く買うことができます。
ぜひご覧ください。

剣道上達のために最もおすすめするDVD

剣道で上達していくには、剣道で必要な知識を学んでおく必要があります。
道場の先生に指導されても、知識がなければ、理解が深まっていきません。
逆に知識があることで、指導された内容が理解でき、上達のスピードは上がっていくでしょう。
そこでおすすめなのがこちらのDVD です。
多くの教え子が日本一になっている先生のDVDですので、間違いなくおすすめのDVDとなっています。
ぜひご覧ください。

剣道で最もおすすめのDVDはこちら

スポンサードリンク

関連ページ

剣道で大切な礼儀や精神面の考え方とは?剣道修錬の心構え
剣道は武道です。勝敗ももちろん大切ですが、それよりも大切なのは、精神面や礼儀です。恐怖心を超えることであったり、下の相手でも敬意を忘れず、油断しないことであったりです。これが、剣道上達ための元になるものです。ぜひ、ご覧ください。
卒業や卒団の時に先輩や先生に喜ばれるおすすめの記念品や贈答品
春は卒業や卒団のシーズンです。今までお世話になった先生や先輩に、今までのお礼や感謝の気持ちを形にして伝える時でもあります。そんな先輩や先生に喜ばれるおすすめの記念品や贈答品を紹介いたします。
剣道で重要な心技体一致について
精神と技術、そして体捌きが満たされて初めて一人前の剣士になります。試合で勝つためにはそれらの鍛錬が大切になり、それらを理解することによって剣道の上達は早まります。心技体一致について紹介いたします。
剣道初心者で子供と大人とでの練習の違いとは?理解して上達しよう!
剣道上達に必要なのは才能ではなく圧倒的な努力です。それは、子供も大人も関係がありません。しかし、大人の場合、趣味や健康維持を目的として剣道に欠かせない重要な基本動作を疎かにしていることがあります。そこに大きな原因があるといえるでしょう。
剣道の基本は気・剣・体の一致で有効な打突を決めること
剣道の試合で勝てる体質を作る3つのエッセンス重要な要素を紹介いたします。「気剣体一致」の状態で有効に打突しなければならないということ。自分の得意技を見つけること。試合で実力を発揮できる精神力をつけること。です。
剣道でもイメージトレーニングは必要です!大会で勝つために重要なこと
剣道の試合で練習通りの実力を発揮できる選手というのは少ないかもしれません。それは、大会は普段とは違う場所や環境のため、体が危機的な状況と判断して反応してしまうからです。大会で勝つために重要なことを紹介いたします。
一本取り消しも!?試合の際に選手も観客も気をつけたい「マナー」とは?
剣道というのは試合の際にも非常に礼節を重んじるスポーツの一つです。剣道のマナーというのは剣士のみならず観客にも求められます。そこで今回は一本取り消しもありうるという、剣道の試合の際に気をつけたい「マナー」についてご紹介をしていきます。
他の剣道場への出稽古の時に気をつけたい3つのポイント
剣道を習う場合、自分が所属する道場は一つに限定されるものです。しかし剣士としてのキャリアアップのため同じ地域の違う道場に通うこと必要なのではないでしょうか。通称「出稽古」というのですが、道場や剣道連盟、地域によって細かく稽古の運用というものは異なります。そこで、他の道場へ出稽古をする際に気をつけたいポイントを2つご紹介していきます。
昇段審査や大会の試合では、剣道着や竹刀、防具等の着装はきっちりと着用を!
剣道をするために身に付ける剣道着。竹刀や防具の着装は乱れることなくきっちり着用しなければいけません。着装の乱れは気のゆるみ、技も中途半端になります。普段の稽古から自分の体に合った剣道具を身に付けることが、昇段審査や試合のいい結果に繋がっていきます。正しい着装、乱れていない剣士は強いです。着装を正しくするポイントが何点か紹介いたします。