下段回し蹴りの3通りの受け方と具体的な返し技の例

武道家におすすめの情報

下段回し蹴りの3通りの受け方と具体的な返し技の例

下段回し蹴りに対する基本的な対処法は3通りです。

 

  1. 当てられずかわす方法
  2. 当てられて受け流す方法
  3. まともに受ける方法

です。

 

当てられずにかわす方法

下段回し蹴りの3通りの受け方と具体的な返し技の例

当てられず、かわす方法としては、

運足にて相手の蹴り足の反対側へ移動
します。

 

そこから、

  • 軸足の膝裏を狙って下段回し蹴り
  • 相手の右腹の肋骨下を狙って下突き

を打ちます。

 

この際、気を付ける点として、移動した結果、相手から離れてしまうのはNGです。

 

理由は、自分の次への攻撃に繋げられず、攻撃が届かない、もしくは、遠くて威力が半減したりするからです。

 

ただ、大技になりますが、その場で後ろ回し蹴りを放つのも有効です。

 

しかしこれは、バランスの面で結構難しいです。

 

日頃から、その連続技を練習するなら別ですが、試合の後半戦は、体力消耗の関係から、繰り出すのが非常に難しいと思います。

 

 

当てられて受け流す

当てられて受け流す方法については、

  • 脛受け

ですが、このときに待って受けると、相手の想定した打撃ポイントで受けることになります。

 

ダメージが大きくなりますの、
相手のバランスを崩すくらいの勢いで、早めに押し込む
のがポイントです。

 

また、その押し込んで、

  • 着地した足を軸に、相手の開いた腕下の肋骨に鉤突き

を打ち込みます。

 

この際注意点としては、相手がバランスを崩すので、脇が締まらないかを見極めるのがポイントとなります。

 

何故なら通常であれば、脇を締める可能性があります。

 

そこに突きを打ち込んだところで、自分の拳を痛めるだけです。

 

下段回し蹴りの脛受け動画

 

 

まともに受ける方法

まともに受ける方法については、返し技は色々考えつきますが、これは

  • 体力温存の最終手段

だと思ってください。

 

まともに蹴りを受けてダメージを受けない人は、本当に少数しかいません。

 

実際に想定すると分かるのですが、トーナメント制の空手の試合ではどうでしょう?

 

受けただけダメージが体に蓄積されます。

 

最終的に、ここぞと言う時に、ダメージが蓄積されて動けなかったらどうでしょう?

 

あとは相手に料理されてしまう、もしくは審判の心象が悪く負けるだけです。

 

これはあくまで最終手段です。

 

反射的に動けるように反復練習が重要

これらを紹介しましたが、いずれにしても一瞬の判断動作が必要となりますので、対人稽古が重要となります。

 

相手になってくれる人にミットを持ってもらい、蹴り技をダミーで出した時に反射で出せるように、反復練習しかありません。

 

これらのパターンを、対人練習で自分の体に覚えさせることが一番大事です。

 

本番で勝ちたいなら、その瞬間に頭で考えてる余裕はありません。

 

体の条件反射を利用するしか無いからです。

 

空手の日々研鑽は、ここから来てるのです。

 

皆様のますますの健闘をお祈り申し上げます。

 

下段回し蹴りに対する返し技、合わせ技、受け方などのポイントや注意点

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

空手初心者が覚えておきたいコンビネーションワンツー下段
フルコンタクト空手で多く使われるコンビネーションといえば、ワンツーローではないでしょうか?派手な技ではありませんが、大会で確実に相手にダメージを与えて、自分のスタミナも奪われない技です。初心者であれば、まず覚えておきたいコンビネーションではないでしょうか?動画も紹介しておりますので、ぜひ、ご覧ください。
伝統派空手の試合で勝てるようになる連続技の攻撃と反撃のパターン
一撃必殺で相手を倒すことが空手道の理想ですが、お互いの技量が拮抗していたらそううまくはいきません。反撃する余裕を与えない連続攻撃は有効です。空手に先手なしと言われるように反撃技は空手の醍醐味です。ぜひ覚えておきたいテクニックと言えます。
単調な技では勝てない!!空手の試合で勝てる技の組み合わせとその練習法は?
空手の試合となると誰しも優勝を目指し、1つでも多くの試合に勝ちたいと望むものです。しかし、普段の練習している技をいつも通り出しているのになかなか勝てない、上位に行けない、なんて事に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回はそんな悩みを解消する「試合で勝率を上げる技の組み合わせと練習法」についてご紹介したいと思います。