柔道の試合で勝つための鍛えた技と力を最大限に発揮する戦略や試合運びについて

武道家におすすめの情報

柔道の試合で勝つための鍛えた技と力を最大限に発揮する戦略や試合運び

柔道の試合で勝つための鍛えた技と力を最大限に発揮する戦略や試合運び

柔道の試合で勝つために必要なのが
  • 「戦略」

です。

 

戦略とはいわゆる試合運びのことであり、
鍛えた技と力を最大限発揮するために必要不可欠なもの
です。

 

柔道のトレーニングというと、技を磨くための打ち込みや乱取り、力をつけるための筋力トレーニングなどが主流です。

 

しかし、それだけで試合に勝てるほど甘いモノではありません。

 

力と技に加えて
戦略という頭脳の要素を加える事で、実力が上の相手にも互角以上の勝負ができる
ようになるでしょう。

 

どのように勝つかを考える

柔道の戦略において、最初に考えなければいけないのが

  • 「どのように勝つか」

ということです。

 

柔道の試合で勝ちを収める方法は、一つではありません。

 

大技での一本勝ちや、細かく技を繰り出してポイントを積み重ねた優勢勝ち以外にも、勝ち方はいろいろあります。

 

重要なのは、自分がどのような柔道を目指すのかということだけではなく、有効な勝ち方をきちんと考えることです。

 

勝利を第一に考えるのであれば、自分のやりたい柔道にこだわるのではなく
対戦相手に合わせて柔軟に戦略を変える
ことが求められます。

 

どんな相手にも、同じような柔道で勝てるだけの圧倒的な実力があるならいいでしょう。

 

しかし、そうでないのなら、自分の柔道に対するこだわりは勝利への足かせにしかなりません。

 

  • ある特定の相手にだけ有効な戦略

というものものあるのですから、対戦相手にあわせた柔道で勝利を目指すのが一番の近道です。

 

一本勝ちするための試合運び

一本勝ちを狙う場合の試合運びの基本は、

  • 得意技を最高の状態で繰り出せる状況を作り出す

ことです。

 

立ち技で一本を狙うなら、組手争いで有利になるまでは攻撃を控え、十分になったところで一気に技を繰り出すのが基本戦略になります。

 

一本勝ちでの勝利であれば、技あり以下のポイントや指導によるポイントは一切無視できるので、余計なことは考えず一本取れる技をかけられる状況を作ることに集中しましょう。

 

寝技に依る一本勝ちを狙う場合も立ち技と同様で、

  • 抑えこみに入れる状況を作ることに全力

を注ぎましょう。

 

あまり露骨に寝技に誘いこむとで反則を取られる危険性はあるものの、一本取れる自信があるのなら多少の強引さは必要です。

 

一本勝ち狙いなら、細かいポイントや相手の挙動を気にせず、自分に有利な状況を構築する戦略で、試合を組み立てることが勝利につながります。

 

大外刈りで一本を決めるタイミングやかけ方

 

 

判定勝ち狙いの試合運び

ポイントによる判定勝ちを狙う場合の基本戦略は、

  • 積極的に技をかけていく

ことです。

 

柔道の試合でポイントを取るためには、とにかく技をかけなくてはいけません。

 

一本取れないような不十分な組手であっても、技あり以下のポイントが取れるようであれば、積極的に技を繰り出していきましょう。

 

判定勝ちを狙うのですから、
相手にポイントを稼がせないことも大切
です。

 

ポイントを奪われないためには、とにかく先手を取ることが重要なので、大技ではなく小技を中心に攻め、試合の主導権を握りながら、相手の攻撃時間を潰してきましょう。

 

十分な組手や間合いにこだわり過ぎると、技の繰り出しが遅くなってしまい、相手に攻撃のチャンスを与えてしまいます。

 

たとえポイントにつながらなかったとしても、攻撃することは積極性のアピールになり、判定でマイナス評価になることはありません。

 

攻め続け、試合の主導権を握ることが、判定勝ち狙いにおける試合運びのカギ
になります。

 

対戦相手のウイークポイントが、スタミナ不足である場合は、試合時間を長引かせることを念頭に置いて組み立てた戦略が、効果を発揮することもあります。

 

相手のスタミナを削ぐために攻めを焦らず、試合時間を長引かせることに集中し、技のキレが鈍ったところで一気にポイントを奪いにいってください。

 

技を掛けることと守ること両方を身につける意識をしての稽古

反則を引き出してポイントを稼ぐ

相手の反則を引き出すのも立派な戦略です。

 

柔道の試合では、長時間技を出さないなど、積極性に欠ける行動は反則になります。

 

たとえ自分の技で有効なポイントを奪えなかったとしても、相手の攻撃を防ぎつつ、技を繰り出すことを続けていれば、反則によるポイントを積み重ねることができます。

 

相手の反則を引き出すコツは、とにかく

  • 相手よりも先に技を繰り出していく素早い攻撃

です。

 

一本勝ちを狙うような選手ほど、不十分な体制からの攻撃には消極的になります。

 

相手の体勢が整う前に、素早く技を繰り出して攻撃チャンスを潰していけば、攻防一体の試合運びで勝利を掴み取ることができるでしょう。

 

主導権を握って試合を進めているうちに、焦った相手が不用意に飛び込んでくる可能性もあります。

 

その時は、一気に技を決めて大きなポイントを奪ってやれば、より勝利に近付きます。

 

技を生かすための組み手 組手を有利に進める技術と考え方の動画

ゴールデンスコア方式で勝つための戦略

柔道の試合で、制限時間以内に決着がつかなかった場合、ゴールデンスコア方式に依る延長戦で勝敗が決められます。

 

ゴールデンスコア方式では、先にポイントを取ったほうが勝ちになり、ポイントの大小は一切関係ありません。

 

  • 一本
  • 技有り
  • 有効

も同じポイントであり、さらに相手の反則もポイントとして扱われるため、反則した選手はその時点で敗北が決まってしまいます。

 

ゴールデンスコアにおいて、
一本勝ちを狙う戦略は有効ではありません。

 

どのような形であろうと、ポイント選手が勝利の絶対条件なのですから、

  • 相手の反則も狙いつつポイントも奪える素早い攻めが有効な戦略

になります。

 

試合で投技を決めるには、たくさんの技を知ることが大切

 

 

試合中の戦略切り替えも重要

柔道の試合は刻一刻と状況が変わります。

 

戦略を立てて試合に臨むことはとても大切ですが、ひとつの戦略に拘る必要はありません。

 

  • 対戦相手の調子
  • 戦略
  • 試合の流れ
  • ポイント状況

などを考慮して的確に戦略を切り替えましょう。

 

  • 一本勝ち狙いだったけれど有利なポイントになったので時間を稼いで判定勝ちに持ち込む
  • 寝技が有効だったので立ち技にこだわらない

など、その時時に応じて最適な戦略を選べるよう、複数の戦略を用意して試合に臨みましょう。

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

技を掛けることと守ること両方を身につける意識をしての稽古
柔道は、相手を投げる為の技と相手の投げ技から逃れる方法、寝技とそれから逃れる方法、締め技とそれから逃れる方法、関節技とそれから逃れる方法、これらをバランス良く強化していかないと、同程度の実力の相手や自分より強い相手とは闘いが出来ません。攻撃と防御をバランスよく鍛えるために意識することを紹介しています。
柔道団体戦での勝敗を左右する選手の効果的な配置とは?
柔道団体戦の選手の効果的な配置についての記事です。 柔道の団体戦では、強いところがもちろん勝ちますが、力が拮抗している相手には、やはり選手の配置が勝敗を左右するようになります。 選手の配置によって勢いに乗って強いチームに勝つこともあります。逆に実力はこちらが上なのに、流れが作れずに負けてしまうこともあります。ぜひご覧ください。
柔道で大切な相手のバランスを崩して自分の得意技を掛ける
柔道では、いかにして相手のバランスを崩すかが重要です。バランスが崩れれば、簡単に自分の技がかかるようになります。どこを掴んで試合を進めるか?相手の力を利用してバランスを崩すには?ぜひご覧ください。
柔道の大会や試合で勝つために必要なポイント
柔道の試合で勝つためには、様々な技術や体力、メンタルが必要になってきます。有利な組手に持っていくことであったり、相手の力を利用することであったり、試合に向けた体調やメンタルの整え方などです。ぜひ、ご覧ください。
柔道の基本「つくり」「かけ」「投げ」
どうすれば人を投げることができるかの基本に立ち返り、理論から学ぶことが大切です。八方崩しや円運動などをまず頭で理解し、人を投げる理屈を学びます。それから稽古していくことで、上達のスピードは速くなっていくでしょう。
自分の体格や身長、体力にマッチした柔道の技を身につける
背負い投げは相手よりも低い位置に潜りこんで投げを打つ必要があるため、小柄な身体の人にも適した技といえます。身体の大きな人には大外狩りや内股のような手や足の長さを活かした技。相手の重心・バランスが読める感覚を持った人なら出足払いのようなタイミング重視の足技がいいでしょう。
柔道は心・技・体が大切な武道で日々の練習で3つをバランスよく鍛える
柔道には、「柔は剛を制す」という言葉があるように小さい相手でも大きい相手を投げることに柔道の面白さがあります。そのためには「心」の精神面「技」の技術「体」の力が必要になってきます。柔道で上達して強くなるためには3つを意識していくことです。
柔道初心者が上達するために必ず意識しておきたいこととは?
初めたばかりの人にとって、どこを意識したり注意したりすれば強くなるのかわかりません。そこで、柔道経験者からのアドバイスを紹介いたします。基本の徹底・基本をまずは身につけて・相手の重心を意識して技を出す・毎日のちょっとした努力がいつかは華を咲かせる!・体の鍛えが柔道の上達に繋がります・柔道の基本は下半身強化・重心を意識する事で強さに繋がる
柔道上達のコツは「重心」を捉えることにある
柔道の試合で「重心が崩れる」という表現を聞いたことがあるかと思います。大雑把に言えば、重心とは物体の中心部であり、その物体の重さを支えてバランスをとっている部分のことです。「柔よく剛を制す」という言葉は、このことを表しています。そこで重心を崩すためにはどうすれば良いのか?を紹介いたします。