柔道ゴムチューブトレーニングの練習方法 野村豊和

武道家におすすめの情報

柔道ゴムチューブトレーニングのメリット

バーベルトレーニング

柔道で強くなるために、バーベルやダンベルなどを使って筋力トレーニングをしている人は多いと思います。

 

実際、筋肉が付けば、それだけ力は強くなり、相手をコントロールしやすくなります。

 

当然、そのバーベルやダンベルでのトレーニングは続ける方がいいでしょう。

 

そして、もう一つ取り入れて欲しいトレーニング方法があります。

 

それが、

ゴムチューブを使った筋力トレーニング

柔道ゴムチューブトレーニング

です。

 

ゴムチューブは、スポーツ用品店などで低価格で販売されていますし、自転車のタイヤのチューブなども代用して使うことができます。

 

ゴムチューブでのトレーニングでは、バーベルやダンベルのように、常に力を入れておく必要がなく、力を入れたり、一気に力を抜いたり、負荷を自由に変えたりすることができます。

 

つまり、スピードを意識したトレーニングができ、自分の力の強さにあった負荷のトレーニングができるのです。

 

また、ダンベルやバーベルは、重力を使った真下への方向の負荷しかかけることができません。

 

釣手のトレーニングであれば、釣手の動きに合わせたトレーニングができます。

 

引き手のトレーニングであれば、引き手の動きに合わせたトレーニングができます。

 

ゴムの位置を変えることで、さまざまな方向へのトレーニングができるのも、このチューブトレーニングのメリットともいえます。

 

また、一人でもできますが、2人組みですれば、チューブを動かないように支える方も同時にトレーニングをすることができます。

 

筋肉は、同じ刺激だけでは、成長が鈍化してしまいます。

 

新しい違う刺激を与えることで、大きく成長していきます。

 

柔道の動きに合わせたスピードと筋力をつけるためにも、ぜひ、ゴムチューブトレーニングを取り入れてみてくださいね。

 

 

柔道のゴムチューブトレーニングの動画

 

 

ゴムチューブなどのトレーニング用品専門店4選はこちら

 

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

一流選手に共通しているのはスタミナ・筋力・体幹力があること
日本人が欧米の選手に比べて腕力が劣っているのに勝てるのは、体幹力があり、相手のバランスを崩すのが得意だからです。一流選手に共通して言えることは、スタミナがあり筋力が強く体幹力があることです。体幹力が強い選手はどんな競技をさせても、いい成績をおさめています。そのため柔道の練習の中でも体幹トレーニングを取り入れている道場は多くなっています。