空手初心者が覚えておきたい基本の立ち方の種類とは?わかりやすい動画

武道家におすすめの情報

空手の基本の立ち方について

空手の立ち方

立ち方は、全ての動きの土台となる、空手の基本です。

 

立ち方の種類はさまざまですが、どれも、意味があり、次の動きに移動したり、立ち方に変わったりすることができるものです。

 

各流派によって、形や呼び方など違っていますが、どれも、意味のある大切なものです。

 

何度も練習して身につけて、スムーズに各立ち方に変化できるようにすることで、組手などにも活きてきます。

 

どんな武道やスポーツでも、強い選手というのは、立った姿勢がきれいで美しいものです。

 

それは、体の重心のバランスがとれ、ぶれることなく移動できているからです。

 

普段から、立ち方や姿勢には気をつけておきたいですね。

 

このページでは基本的なことを紹介いたします。

 

流派によって、名前や形などが違うと思いますので、その点はご了承ください。

 

八字立ち

全てのたち方の基本となる立ち方といえます。

 

両足を肩幅に開いて、つま先は、外側へ30度ほど開いて立ちます。

 

重心は身体の中心で、余分なところには力が入らない自然体で立つ立ち方です。

 

閉足立ち

両足の踵とつま先をつけて、両足を閉じて立つ立ち方です。

 

重心は身体の中心に置きます。

 

結び立ち

両足の踵をつけて、つま先を中心から30度、両足で60度ほど開いて立つ立ち方です。

 

重心は体の中心に置きます。

 

 

前屈立ち

前足を大きく曲げて、つま先は正面に向けます。、後ろ足は自然に伸ばし、つま先は少し外側に向けます。

 

体重は両足に均等にかけて立ちます。

 

後屈立ち

後ろ足の膝を曲げ、つま先は90度外側に向けます。前足は少し前に出し、つま先は正面に向けます。

 

体は正面に対して半身になります。

 

体重は、後ろ足に8割から9割かけます。

 

騎馬立ち

両足を左右に大きく開き、つま先を少し内側に向けて立ちます。

 

重心は中心に置きます。

 

猫足立ち

前足は踵を浮かせ、正面に向けます。後ろ足のつま先は30度外側に向けます。

 

ほとんどの体重は後ろ足にかけます。

 

不動立ち

前足の膝は深く曲げて真っ直ぐ前に出します。後ろ足は軽く曲げ45度外側へ向けます。

 

状態は、少し半身になります。

 

重心は中心に置きます。

 

立ち方のおすすめ動画

 

 

 

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら


空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら


スポンサードリンク

関連ページ

空手カウンター中段突きを決める重要な3つのコツとは?
空手カウンター中段突きのコツを紹介しています。この技を決めるには、重要な3つのコツがあります。 知っているのと知らないのとでは、大会での勝敗に大きな違いができるでしょう。
回し蹴り(上段・中段・下段)を試合で使う時の注意点
回し蹴り(上段・中段・下段)には、それぞれのメリットやデメリットが有ります。それを理解して、試合で的確な場面で使うことによって、相手にダーメージを着実に与えることができます。ぜひ、ご覧ください。
空手の突きや蹴り、受けの技を速く強く出すための脱力の方法とは?
突きや蹴り、受けの技を行う時に、強く突こう、速く蹴ろうと思って力んでしまいます。しかし空手道の技は速く強く技を出したかったら、力を込めるだけではいけません。力を抜いて脱力することがポイントになってきます。無意識で出る力の方が、意識が働いて出す技よりもインパクトもスピード上がり、パワーも増します。脚と腕の脱力の方法を紹介いたします。
突きと蹴り技を極めるためのコツと効果的なトレーニングメニュー
突き技を極めるためには、全身の力を拳先に全て集中させることです。全身の使い方がとても重要になります。理想的な蹴りを放つためには腰を押し出し、素早く膝を抱え、しなるように蹴らなければなりません。そのような蹴りや突きの上達方法や効果的なトレーニングメニューを紹介いたします。
回し蹴りをマスターして大逆転を狙う
蹴りに属する技のなかで「最大級の大技」とも呼べるのが「回し蹴り」です。 大きく体をひねって足を横向きに回転させ、そのまま相手の体めがけて蹴り抜く見た目も威力も派手な技です。上級テクニックを要するので初心者には難しい技ですが、上級者同士の試合では回し蹴りが頻繁に使用されています。組手で勝率を上げるなら、回し蹴りはできるだけ早くマスターしておきたい技のひとつでもあるのです。難易度は高い技ですが回し蹴りには様々なメリットがあります。チャンスが来たらいつでも回し蹴りが出せるように鍛錬しておくのが勝利へのカギとなるでしょう。
空手の間合いを制するために意識しておきたいことと必要な知識とは?
空手での間合いの見極めが出来るようになると、試合での勝率を上げることができます!なぜ間合いが試合の勝率を上げるのか。なぜ、間合いが重要なのか。突きと蹴りそれぞれの間合いのとり方とは?この記事では、間合いの基本から試合の勝率の関係までをみていきます。
空手の技のバリエーションを増やして臨機応変に!
空手において技のバリエーションの豊富さは大きなメリットをもたらし攻守ともに役立ってくれます。ではなぜ技のバリエーションが多い方が良いのか。この記事では技の種類や有効性について見ていきます。