体落としを得意技とする人の重心と引き手のコツとタイミングの練習方法

武道家におすすめの情報

体落としを得意技とする人のコツと練習方法

体落としを得意技とする選手の、体落としのポイントや練習方法をお聞きしました。

 

参考になる部分が必ずあると思いますので、ぜひご覧ください。

 

体落としの動画

 

体落としに重要な重心と引き手

体落としを得意技とする人のコツと練習方法

タイトル

体落としのトレーニング、パワーアップ、技のタイミング

 

私が長い柔道経験の中で、決め技として一番長く使っているのが、体落としです。

 

右足をしっかり伸ばし、引き手によって相手を前面に投げ飛ばしますが、中学柔道では王道技ですが、巻き込みや関節が有りの高校以降では、決め技としては余り私の周囲は、好まない技でした。

 

私が体落としを使い続けた理由は、鍛えるべき点、技のタイミングがハッキリしていて、練習量で勝る相手には、ほぼ必勝だったからです。

 

さて、体落としの具体的なトレーニングですが、体落としで重要なのは、自分自身の重心と引き手です。

 

更に、技を出すタイミングとして脚力と敏捷性が必要です。

 

つまり、ひたすらランニングをして、柱などにゴムチューブを巻きつけ、引き手の訓練をするだけです。

 

ゴムチューブの用意が難しければ、費用はかかりますが、10kg以上のダンベルを買いましょう。

 

左手をテーブルについて、右手で床に置いたダンベルを、胸元まで持ち上げるのを、限界まで繰り返し、それを毎日5セット以上やると良いです。

 

後は、とにかく走る事です。

 

1日10キロは走って欲しいところで、一つ注意点として、走る時に重い靴や重りをつけるのは止めましょう。

 

余計な筋肉がつきますし、故障の原因になってメリットがありません。

 

 

 

試合で体落としを出すタイミング

最後にタイミングですが、試合開始序盤は、とにかく自分の体力を残し、相手の体力を削ります。

 

簡単な方法としては、大外を仕掛けるように、体ごと体当たりをして、すぐに間合いを取る事です。

 

安全第一、体力温存でしのぎます。

 

中盤以降に一本を狙いますが、ここまでに大外を印象付けておくと良いです。

 

相手の重心が後ろに向いたタイミングで、体力が残っているうちに勝負に出ます。

 

思いっきり体当たりをして、もろ手狩りで逆に一本取られない程度には、全力で相手を押します。

 

相手が踏ん張った瞬間に、相手の右足のひざ下に足をかけるように、体落としに切り替えて、鍛えた右腕で相手の胸元を全力で前面へ引きます。

 

相手が踏ん張っただけ、思い切り前方に回転します。

 

ただし、前面に引いた右腕は、相手を投げたタイミングで胸元に戻しましょう。

 

引っ張りっぱなしだと、相手は顔面から地面に着地して、一本になりませんし、怪我をしてしまいます。

 

少々、慣れが必要ですが、日頃から体力配分しながら乱捕りで実践し、コツをつかめば、試合をコントロールできる決め技になります。

柔道選手専用のトレーニング方法はこちら

投技を習得するためにおすすめの方法はこちら

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

刈る投げ技を具体的に解説!大外刈・大内刈・小内刈・小外刈について
刈る投げ技の大外刈・大内刈・小内刈・小外刈について紹介しています。 刈る投げ技は、様々なコツやポイントがあります。 それらを知っていることで、上達のスピードが違ってきます。 ぜひご覧ください。
払う投げ技の膝車・出足払・送足払・支釣込足について
払う投げ技の膝車・出足払・送足払・支釣込足について解説しています。
回転して投げる技の背負投げ・払腰・大腰・体落とし・釣込腰の解説
回転して投げる技の背負投げ・払腰・大腰・体落とし・釣込腰の解説です。
柔道背負い投げを活かす連続技とは?強い人はやっている技の組み合わせ
柔道で背負い投げを得意技とする人が、伸び悩んだ時、刈り技と連携するテクニックを覚えることで、試合に強い技とする事ができた体験談をいただきました。柔道で強くなりたい人は、ぜひ、ご覧ください。
大外刈りで一本を決めるタイミングやかけ方
大外刈りで一本を決めるには、相手を崩してタイミングよく技を出していく必要があります。相手の体勢を崩すために他の技との連絡技で使うこともできます。その大外刈りのやり方や練習方法、ポイント、動画などを紹介いたします。
柔道の立ち技はセンスがなくても上達するのか?重要なポイントとは?
立技を成功させるためのコツは、重心です。相手の重心を移動させて姿勢を崩すことにより、投げやすくなります。また、自分の姿勢は、うまく重心を移動させて安定させることで力を出しやすくなります。
柔道の投げ技が簡単に決まる相手とは?
投技で上達するには、体力トレーニングや打ち込みの基礎練習をたくさんする事が必要です。そのことで才能や運動神経を補えます。そして、どんな技があるのかを知ることがとても重要です。講道館のサイト67本の投げ技があります。多くの技の中から自分の体型や性格にあった技を発見し勉強することです。
背負い投げが試合で勝つために必要で応用できる技になる
柔道の技にはたくさんの技があります。いろいろな技を覚えることも必要でしょうが、やはり試合に勝つために効果的な身につけたい技があります。それが背負い投げでしょう。背負いから大内刈りや背負い落し、反対の一本背負い、釣り込み腰など次の技へ切り替えるバリエーションが増えるなどの応用も利くでしょう。