空手家が打撃力を上げるために使いたいサンドバッグとミットとは?

武道家におすすめの情報

サンドバッグやミットが空手の稽古に効果的である理由とは

空手家が打撃力を上げるために使いたいサンドバッグとミットとは?

伝統派空手、フルコンタクト空手にかかわらず、空手家の稽古は「型」が基本になります。

 

いくら直接打撃を与えることのできるフルコンタクト空手といえど、型がおろそかではまともな試合にもなりません。

 

そのため、多くの道場では型を含めた基本動作が、主な稽古内容となっています。

 

しかし「型が重要」というのは当たり前の話で、それだけやっていれば試合に勝てるわけではありません。

 

特にフルコンタクト空手の試合においては、サンドバッグなどを使って、基本的な打撃力を上げるための稽古が効果を発揮します。

 

空手の試合で打撃力・攻撃力が問われるというわけではありませんが、「打撃力が高い」ということはつまり「攻撃が速い」ということ。

 

つまり打撃力を上げる訓練は、全身の筋肉をバランス良く鍛え、素早い攻撃を実現させるのに役立つのです。

 

また、こうした実践的な特訓は、一度打ち込んでから体勢を立て直す、一連の動きにも良い影響を与えます。

 

そこで今回は、空手家が打撃力を上げるために使いたい、サンドバッグとミットをご紹介します。

 

これらの製品を上手く活用して、空手家としての自力を上げる手助けにしてください。

 

ファイティングバッグ(ファイティングロード製)

空手の稽古で打撃力を上げるなら、サンドバッグを使用するのが良いでしょう。

 

サンドバッグにもメーカーによって異なった特徴があるため、迷ったら

  • 「ファイティングバッグ」

というサンドバッグがおすすめです。

 

ファイティングバッグを購入するならこちらがおすすめ

 

ファイティングバッグは、ダンベルやスポーツウェアなど様々なスポーツ用品を製造している

  • 「株式会社ファイティングロード」

が製造販売を行っているサンドバッグです。

 

なぜ数あるサンドバッグの中から、ファイティングバッグを選んだのかというと、ファイティングバッグがより「格闘家向き」だからです。

 

ファイティングバッグの製造コンセプトとして

  • 「人体に最も近い感触を追求した」

というものがあります。

 

硬すぎず、柔らかすぎず、適切な感触を計算して作られたファイティングバッグは、実践を意識して練習するのに適しているのです。

 

また、衝撃を適切に吸収してくれることは、怪我の防止にも繋がる重要な要素であるといえます。

 

 

自宅では置き型タイプが使いやすい

サンドバッグには、

  • 支柱の鎖で吊り下げられたタイプ
  • 地面においたまま倒れないよう設計されているタイプ

があります。

 

ファイティングロード製のサンドバッグは、吊り下げ型と置き型があります。

 

ファイティングバッグは置き型タイプとなっています。

 

自宅で使いやすくておすすめなのは

  • 置き型タイプ

です。

 

置き型なら少ないスペースで練習が行えるため、一般家庭にも設置しやすいことや、上段蹴りの衝撃も程よく吸収してくれることが理由です。

 

ファイティングバッグを購入するならこちらがおすすめ

 

キック&パンチングミット(ISAMI製)

ひとりで練習するならサンドバッグでも十分ですが、パートナーがいる場合はミットを使うと、より動きのある実践的な稽古になるでしょう。

 

ミットにも種類がありますが、「パンチミット」や「キックミット」とだけ記載されている製品は、避けたほうが無難です。

 

単なるパンチミットは、空手家の蹴りに対応するには小さすぎますし、キックミットは大きすぎてパートナーの動きが制限されるためです。

 

フルコンタクト空手の試合で勝率を上げるためには、蹴りと突き、両方をバランス良く使える選手になる必要があります。

 

どちらか片方づつを練習するのではなく、同時に使いこなせるようになるためには

  • 「キック&パンチングミット」

を使うのがおすすめです。

 

イサミ製キック&パンチングミットを購入するならこちらがおすすめ

 

蹴りと突きの両方に対応したミット

これはキックミットを少し小さくしたような形状のミットで、蹴りと突きの両方に対応することが可能な万能ミットです。

 

特に、格闘技プロショップ「ISAMI」が販売している

  • キック&パンチングミット

は、頑丈で重みも少ないのでおすすめです。

 

ミットはボクサーや総合格闘家が使うものというイメージがあるかもしれません。

 

しかし、実践的な動きを覚えるために効果があるとして、多くの空手道場でミットを使った練習が取り入れられています。

 

必ずミットを構えてくれるパートナーが必要になるため、自主練習で使うのは難しいかもしれませんが、もし使いこなせれば空手技術向上の大きな助けになるでしょう。

 

イサミ製キック&パンチングミットを購入するならこちらがおすすめ

 

適格性を養うには的が小さいミット

打撃の的確性を養いたいのであれば、的が小さいものを選択しましょう。

 

角度に関しても自由自在に変更が効くために、きめ細かな打撃の角度などの練習にもなります。

 

ただし、受け手の危険性を考えれば、攻撃側も本気で撃ち込めないがために、打撃対象がターゲットになるもので練習していく必要性があります。

 

道場で使用している場合には、何度もターゲットが壊れる場合が多いです。

 

サンドバッグが吊るせない場合は

空手にとどまらず、打撃系の格闘技をするのであれば、サンドバッグは必要不可欠です。

 

上から吊るすことが不可能な場合、土台を利用するものを利用するしかありません。

 

土台や支柱との距離が近いものや、高さが足りないものは、実用に耐えないばかりか、怪我をすることもあります。

 

それに土台が軽いものであれば、連打が出来ないばかりか、相当手加減して蹴りを入れなければなりません。

 

土台の作成には相当費用や手間暇がかかりますが、設置する場所に応じて、業者に造成してもらうほうが良いでしょう。

 

なかには、足場で用いるような単管を使用してスタンドを作成している人もいるようです。

 

しっかりとしたスタンディングバッグを利用するのもいいでしょう。

 

人気で品質の高いスタンディングバッグはこちら

 

道場で使うならベルエーストレーニングバッグ

サンドバッグ自体に関しては、高校生以上の一般レベルの人であっても、180センチの高さは最低限必要になります。

 

マーシャルワールドの

  • 「ベルエーストレーニングバッグ、180センチ×40センチ、65キログラム」

程度のものであれば、十分でしょう。

 

そのなかでも、全国レベルに至る実力を有しているのであれば、さらに重量のあるサンドバッグを用意しておくべきです。

 

大きく固いサンドバッグであれば、今度は反対に選手のほうが痛みを感じたり、弾き飛ばされたりすることから、最初は大変かもしれません。

 

しかし、これをこなすことによって、体幹力及び打撃力が養われていきます。

 

レベルに応じたサンドバッグ選びが大切ですね。

 

ベルエーストレーニングバッグを購入するならこちら

空手をしている人におすすめのラインスタンプ

空手をしている人におすすめのラインスタンプです。

空手大会の結果報告スタンプ

空手おすすめラインスタンプ

空手で上達する方法

空手で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で師範や先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、空手に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

空手で上達するには、一流の指導者から指導してもらうのが、一番上達します。
しかし、そのような恵まれた環境にいる人は少ないでしょう。
しかし、最近では一流指導者が、DVDで上達のコツなどを指導しているものがあります。
こちらもそのDVDの一つです。
評判のいい、おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

空手の一流指導者のDVDはこちら

空手用品を安く購入できるお店

空手用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで空手用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら

スポンサードリンク

関連ページ

空手初心者や自宅用におすすめのキックミットカーブカーボンスタイル
ボディーメーカーが販売している1000円ほどの激安で購入できますので、空手初心者や子供用の練習用ミットとしておすすめです。カーブを描いた形状となっています。真っすぐな形状のミットと比較して、パンチやキックがミットから滑りにくいというメリットがあり、大人が使用しても安心できるレベルの衝撃吸収力があります。