柔道の上達に役立った本

武道家におすすめの情報

柔道の上達に役立った本

柔道をしていると、どんなに努力して稽古をしても、スランプに陥ったり、伸び悩んでしまったりすることがあります。

 

そのため、さらに頑張ろうとするのですが、なかなか上達に結びつきません。

 

そんなときに出会った本によって、飛躍的に上達することがあります。

 

そんな本を紹介いたします。

 

初心者から読めます!

学生時代、柔道をしていました。

 

それまでは、学校の授業で習っているだけでしたので、技の面でなかなかしっくりと来ない時がありました。

 

そこで、インターネットの口コミで探してみたところ、

  • 「柔道上達BOOK―一本をとる!」

という本を見つけました。

 

柔道上達BOOK―一本をとる!を購入するならこちら

 

2004年に出版された本で、新しい本ではありませんでしたが、書いてある事は非常にわかりやすく、今の自分に足りないことを書いてある本でした。

 

その本を読んでから組み方や身体の崩し方、さばき方などわかっているようでわかっていなかったことが、しっかりと理解出来るようになりました。

 

現在では1円でも買える本となっていますが、書いてあることは非常に価値のあることです。

 

興味のある方は是非買ってみて下さい。

 

25歳・男・初段

 


柔道用品を安く買えるお店はこちら

トップレベルになりたい選手と指導者向けの柔道上達プログラムはこちら

柔道ジュニア選手育成プログラムはこちら

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

柔道選手のためのトレーニングプログラムを学ぶならこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

柔道を始めたばかりの初心者におすすめの本
礼節や柔道着のたたみ方、柔道のルール、トレーニングの方法など、柔道を行う上で基本となることや、投技、足技、連絡技、連絡技の組み立て方等、実践的な知識を学ぶことができる人気の柔道の本を紹介いたします。
柔道の投技と寝技それぞれの極意を学べる本とは?
初心者にとっては基本を固めるために、中級者から上級者にとっては技を磨くために役立つ柔道本を紹介いたします。柔道の基本を見直すための一冊「柔道の教科書」や、古賀稔彦さんが細かい動きのコツなどを徹底解説した本、柔道における「寝技」の重要性を説いた小室宏二さんの本を紹介いたします。