剣道にも「現代に合わせた稽古法」がある!強豪選手量産プログラムDVD

武道家におすすめの情報

【伝統を重んじる武道だからこその欠点】

剣道にも「現代に合わせた稽古法」がある!強豪選手量産プログラムDVD

剣道は日本古来から伝わる武道だけに、
  • ルール
  • 作法
  • 稽古法

などあらゆる場面で「伝統」が重んじられています。

 

そもそも武道には「人格を磨き、道徳心を高め、礼節を尊重する態度を養う」という目的があるため、単なる格闘技とは違った「伝統芸能」的な側面もあるわけですね。

 

伝統を守るという考え方は日本人にとっての美徳でもあり、伝統を守ることで先人たちが磨き上げてきた所作や、考え方を効率的に吸収することもできます。

 

剣道をはじめとした武道全般において「伝統を守る」ということは、基本中の基本であるといえるでしょう。

 

しかし近年の剣道の世界では、その「伝統を守る」ということ自体が、マイナスに働く事例が次々に報告されています。

 

  • 非効率的な稽古法を「伝統だから仕方ない」と言って変えない
  • 現代のルールに即していない考え方を「伝統だから仕方ない」と言って貫き通そうとする

などなど、「伝統」という言葉が選手や指導者に「思考停止」を作ってしまうことがあるのです。

 

本来、「伝統」とは先人たちがその時代時代に合わせて作ったものであり、時代が変われば「伝統」も変わって然るべきです。

 

ところが日本人は「伝統を守る」ということに固執するあまり、明らかに今の時代に合っていない伝統でも、盲目的に続けようとしてしまう習性があるようです。

 

アナタにも「この稽古に何の意味があるんだろう」と疑問に思い、指導者に訪ねてみても「伝統だから」と要領を得ない答えが返ってきた経験はありませんか?

 

確かに伝統はできる限り守るべきものです。

 

しかしそれは、決して何もかもを犠牲にしてまで守り抜くほど価値のあるものではないのです。

 

先人たちがそうしてきたように、剣道における「伝統」は時代ごとに変化させていく必要があるといえるでしょう。

 

 

【現代剣士が最も変えるべき「伝統」とは?】

 

ハッキリ言ってしまいますが、すでに「守る価値が無い」ような伝統など腐るほどあります。

 

後世に剣道の素晴らしさを伝えてゆくためにも、現代の剣士は全ての伝統を盲目的に守るのではなく、「本当に必要な伝統なのか?」を常に精査していくべきなのです。

 

変えるべき伝統はいくつもありますが…今回最も考え直してほしい伝統が「稽古法」に関することです。

 

流派によっては何百年と受け継がれてきた稽古法もあると思いますが、伝統的な稽古法というものは得てして「非効率的」だったりするものなのです。

 

というのも、伝統的な稽古法は「昔の日本人の体型」を基準に作られていることが多いからです。

 

食生活や生活様式の変化によって、日本人の体型は劇的に変化しており、文部科学省のデータによればここ100年間で日本人の平均身長は男女共に11p以上も伸びているといいます。

 

さらに、かつての日本人は胴長短足だったのに対し、現代の日本人は足が長くスマートな体型に変化していることも明らかになっています。

 

つまり「伝統的な稽古法」が作られた時代とは日本人の体型が全く違うのです。

 

身長160p以下の剣士に合わせて作られた稽古法を、身長170〜180pのスラっとした剣士が行えば、その動きに齟齬が生じるのも当たり前の話です。

 

センスの良い選手は、自分の体型に合わせて自己修正を行えるかもしれませんが、この「ズレ」に気付かなかった選手は一向に上達しないでしょう。

 

現代剣士には「伝統的な稽古法」の古くなった部分をアップデートする義務があるのです。

 

アナタも今一度、自分が行っている稽古法のなかから「現代に則していない」と思える部分を洗い出してみませんか?

 

それは後世の剣士のためであり、ましてアナタ自身の上達にもきっと役立つはずです。

 

 

【所 正孝 教士七段の「剣道強豪選手量産プログラム」が参考になる】

 

伝統的な稽古法に囚われず、現代に則した稽古法を見つけ出そうとしている有名剣士も少しづつ増えてきています。

 

現在、千葉県の翔凜中学高校の剣道部で総監督を務めている所 正孝先生も、現代的な稽古法を模索し続けている剣士の一人。

 

所先生は剣道教士七段の実力者であり、指導者としても大変優秀な方です。

 

所先生の教え方は、「日本人の体型の変化」が根底にあるのが最大の特徴。

 

伝統的な稽古法の「守るべき部分」はしっかりと守った上で、現代人の体型や現代剣道のルールに合った「現代に則した稽古法」を確立しつつあります。

 

所先生には教え子を何度も全国優勝に導いている実績があるため、その稽古法の効果が正しいことはすでに証明済みです。

 

しかし、いきなり伝統的な稽古法から抜け出せ…なんて言われても、やり方の見当もつかないという剣士も多いと思います。

 

今まで「正しい稽古法」だと教え込まれてきた方法に「実は間違いがありました」なんて言われても困ってしまいますよね。

 

そこでオススメしたいのが、

  • 「剣道強豪選手量産プログラム」というDVD

です。

 

 

剣道強豪選手量産プログラムは、一見するとよくある教材DVDなのですが、所先生が監修しているので「現代に則した稽古法」がたっぷり収録されているんです。

 

剣道の教材DVDにもいろいろ特色がありますが、選手の体型をここまでしっかり考慮した稽古法が収録されているDVDを私は他に知りません。

 

  • 体格差は損にならない!体格をカバーする方法とは?
  • 現代人のための「現代版足の構え」をマスターしよう
  • 瞬時の判断力が研ぎ澄まされる足構え&足捌きとは?
  • リズムに乗った面打ちの素振りで得られるものとは?
  • 面打ち素振りで「左」を極める秘訣がある!
  • 竹刀をスピーディに振り出す効果的な方法
  • 瞬発力を身につけるための稽古内容を公開

 

ごく一部ですが、剣道強豪選手量産プログラムには上記のような内容が収録されています。

 

稽古法はもちろんのこと、試合で勝つために必要なコツやポイントが丁寧に解説されているので、現役の剣士にはかなり役立つ教材になっていると思います。

 

あらためて稽古法を見直したい方、しっかり練習しているのに何故か勝てない方など、剣道に関する悩みを抱えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

 


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

剣道をしている子どもを試合で勝たせるためにおすすめのDVD少年剣道上達プログラム
剣道の試合で勝てる力を高めるには、子ども専用のテクニックを楽しみながら身につけることが重要です。体力の無い小学生、体が小さい中学生でも、筋力や体力、運動神経に関係なく少年剣士が大会で勝てるようになるおすすめのDVDを紹介いたします。
剣道の新しい技を学ぶには?
剣道をしていて上達に限界を感じることはありませんか?試合で勝つためには、他の人と同じ努力をしていては勝てません。それは、稽古の量のことだけではありません。他の剣道家がしていないような質の高い稽古をすることも重要です。常歩剣道について学んでみるのもいいでしょう。
剣道おすすめ本とDVD 昇段審査で役立った2冊の本
長い間剣道をしていると、行き詰まる事があります。一生懸命稽古して努力しているのですが、なかなか結果が出ない時があります。そんなときには、少し新しい知識を取り入れる時期なのかもしれません。おすすめの本やDVDを紹介いたします。
剣道の試合で勝てない上達しないと諦める前に見ていただきたい剣道上達革命DVD
剣道を長くやっていても、あまり良い成績を収めることができない、負けてばかりいる、剣道の試合で勝つ方法がわからなかったり、相手から一本を取るコツ、踏み込んで打ち込む際のタイミングが把握できず、伸び悩み、センスがないと落ち込んでしまうというケースも珍しくありません。そこで人気DVD剣道上達革命を紹介いたします。
これまでの常識を覆す「常歩剣道(なみあしけんどう)」とは?
多くの武術の基本だった「なんば歩き」を知っていますか?「同じ側の手と足を同時に出して歩くこと」です。なんば歩きの可能性を研究し、生まれたのが「常歩(なみあし)」という理論です。木寺英史先生はスポーツ科学のスペシャリストで剣道教士七段の実力を持つ剣士で常歩を取り入れた剣道を「常歩剣道(なみあしけんどう)」と呼び世に広める活動を行っています。DVDも非常に参考になります。
剣道を辞めたがる?子供目線の指導の重要性とは?少年剣道上達プログラムDVD
剣道上達のために子供時代は素直で吸収力が高く、身体能力にも伸びしろがあり、動きに変なクセもついておらず、練習時間も多く取れ、どの側面から見ても、一から剣道を修得するなら子供の方が圧倒的に有利だといえるでしょう。ところが数年で辞めてしまう子が後を絶ちません。子供が剣道を辞めたがる原因はもっとシンプルで「剣道が楽しくない」と感じているのです。ではどうすればいいのかを紹介いたします。おすすめのDVDの紹介です。
大人剣道で実績を残すために大切な3つのこと大人剣道上達プログラムDVD
剣道を始める時期に遅すぎるということはありません。熟年剣士に大切なのは練習方法の組み方です。子供と大人では、体格・体力・吸収力・練習時間と、どこをとっても条件が異なります。肩の柔軟性が悪い、手首やヒジが固い、下半身の動きが悪いなどの弱点を解消する方法が必要です。それが剣道に適した身体づくり、熟年剣士に適した稽古内容を理解する、応用技の活用法を学ぶことです。
剣道の上達速度が遅いと感じたら「悪癖」を直す 剣道上達革命DVD
練習量や経験は重要です。しかし上達の速度が遅いという方がいます。上達できない剣士にありがちな悪癖があるからでしょう。右打ちになってしまう、手足がバラバラに動く、出鼻技が苦手、攻撃がワンパターン、応じ技がわかっていない、足さばきが雑すぎる、相手に居つかされてしまうなどです。それらを改善するおすすめのDVDを紹介いたします。