柔道支釣込足を得意技とする人の技の使い方やコツと形と動画とは?

武道家におすすめの情報

柔道支釣込足を得意技とする人の技の使い方やコツと形と動画

柔道支釣込足を得意技とする人の技の使い方やコツと形と動画

支釣込足は技としては、出しやすい技だといえると思います。

 

さまざまな場面で出せる技で、膝車よりも小さいモーションで技が出せますので、相手を牽制するときにも、多用されます。

 

また、バランスさえ崩せば決まりやすい技ですので、相手より体格が小さくても、相手を倒せる可能性が高い技とも言えます。

 

そんな支釣込足を得意技とする方の、体験談をいただきましたので、紹介いたします。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

支釣込足の使い方とポイント

タイトル
支釣込足は持ち技にすると便利

 

私は体が決して大きくないので、派手な投げ技を繰り出すことができませんでした。

 

ですが、見た目は地味でも、バランスを崩して倒せば1本が取れることに気づき、それ以降は支釣込足を得意技にしています。
支釣込足は相手が攻めてきた時に反撃技として繰り出すと、相手側に勢いが付いている分、決まりやすいという実感があります。

 

また自分が攻める場合は支釣込足を出して、相手の注意を削いだり、バランスを崩した後に、別の技を出す連係攻撃がお勧めです。

 

支釣込足は攻撃にも反撃にも使える便利な技なので、身につけておくと重宝します。

 

投げ技を得意としている方も、フェイントとして使うことができます。

 

稽古の際は相手のバランスを崩そうと思うあまり、足を掛けた後、上に引っ張ってしまう人が多いようです。

 

ですが、上に引っ張っても相手は倒れません。

 

まして体重が自分より重い相手なら微動だにしないでしょう。

 

相手を上に引っ張るのではなく、足を基点として相手の体を横に回転させるイメージで投げると、きっちり決まります。

 

相手を引っ張ることよりも、相手を回転させることを意識してみて下さい。

 

そして支釣込足は形の稽古だけでは投げる感覚がよく分からない技だと思います。

 

一番の稽古は乱取り稽古でしょう。動きの中で相手を倒すことが出来るようになれば、完璧だと思います。

 

ぜひ支釣込足を身につけてください。

支釣込足の解説動画

 

投技を習得するためにおすすめの方法はこちら

柔道をしている人におすすめのラインスタンプ

柔道大会の結果報告に使えるおすすめのラインスタンプです。 柔道おすすめラインスタンプ

柔道で上達する方法

柔道で上達するには、それに必要な知識を学んでおく事が重要です。
知識がない状態で先生に指導を受けても、理解が深まりません。
逆に知識を持っていることで、理解が深まり、上達の速度は上がっていくでしょう。
こちらの無料メールマガジンでは、柔道に必要な情報などを配信しております。
ぜひ、ご登録ください。

柔道用品を購入するときに、近くのスポーツショップや武道具屋を利用していると思います。
確かに実際に見て、触って、サイズなどを確認して購入することで、自分にあったものを購入することが出来るでしょう。
しかし、最近ではネットで購入する方も増えています。
種類やサイズが豊富にあり、価格もかなり低価格となっています。
購入するものが決まっている場合はネットのほうがお得でしょう。
そこで柔道用品が安く買えるお店を4つ選んでみました。
ぜひご覧ください。

柔道用品を安く買えるお店はこちら


子供さんが柔道をしているのであれば、やはり試合で勝たせてあげたいと思うでしょう。
しかし少年柔道の場合、体格差があったり、指導方法などの違いがあったりで、そう簡単に勝てないことも多くあります。
もし、そのことで悩んでいるのであれば、ぜひ、こちらのDVDをみてください。
少年柔道の一流指導者の柔道の考え方が学べます。 おすすめのDVDですので、ぜひご覧ください。

少年柔道の上達する方法を学ぶならこちら

スポンサードリンク

関連ページ

柔道大外刈りのやり方や具体的なコツとは?解説した動画
柔道でよく使われている投げ技の一つの大外刈りを、わかりやすく解説している動画を紹介しています。 技を決めていくには、コツやポイントを知っておく必要があります。具体的なコツなどを紹介していますのでぜひご覧ください。
背負い投げで一本を決めるための連続技
背負い投げが得意な選手だと、相手に警戒されてなかなか一本が決まらないことがあります。連携した技、連続技などのテクニックを使うと相手を崩すことができタイミングよく投げることができます。ぜひ、ご覧ください。
体落としの足さばきやコツ
体落としで技を決めるためのポイントやコツを紹介しています。相四つの時、ケンカ四つの時、どのように体落としをすればいいのか、体さばきなどポイントと動画を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
巴投げの3つのコツとおすすめ動画を紹介!技に入るまでが重要な理由
柔道の巴投げはうまく相手を崩して技を出していかないと、逆に潰されて寝技に持ち込まれてしまします。うまく巴投げで一本を決めるにはどうすればいいのか?そのやり方を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
背負い投げの一本が狙える場面とは?背負投を決めるコツや動画、練習方法を紹介
体が小さいため背負い投げを得意としていました。背が低いため相手の懐に入りやすいのを活かして背負い投げを試合で使える技に仕上げました。中途半端な技にすると後ろに返される危険がある背負い投げ。注意点やポイントなどを紹介いたします。
試合で有効に働く攻撃の連絡技、連続技を磨く
試合では、素速い連絡技を出すことで試合を有利にすすめることができます。大内刈りを仕掛けた直後に小内刈りをすぐに繰り出す、相手がひるむ暇もなく再び大内刈りを出す、こういった連続技をくり返すうちに相手の態勢を崩し、他の技を決めることができます。