剣道ノートで自分の力を分析しよう!

武道家におすすめの情報

【剣道ノートとは?】

剣道ノートで自分の力を分析しよう!

スポーツで上達するためには、自分の能力を客観的に捉えることが大切です。

 

  • 自分の欠点はどこなのか?
  • どんな練習をすべきなのか?
  • 直近の練習では何をしたのか?

様々な観点から自分のステータスを記録することは、どんなスポーツでも効率的な上達に繋がります。

 

それは剣道の世界においても同じです。

 

上級者のなかには、自分の剣道に関するレベル・ステータスをまとめた「剣道ノート」をつけている方も少なくありません。

 

剣道ノートをつけることで自分の剣道の力を客観的に把握し、独りよがりではない充実した稽古を行うことができるためです。

 

また、剣道ノートは上級者が生徒の指導を行うための資料として使われることもあります。

 

生徒に各自ノートをつけてもらい、稽古の悩みや目標などを確認することで、剣道の稽古を行う上での指針を決めることにも役立ちます。

 

剣道を長く続けるほど、剣道ノートに蓄積された膨大な情報が貴重な財産となっていくのです。

 

 

【剣道ノートにはどんな内容を書くべき?】

 

剣道ノートの書き方は人によって異なります。

 

できるだけ細かく書き込んだほうがノートの質は上がりますが、あまり情報量を多くしすぎると記録するのも確認するのも大変です。

 

そこで、これから初めて剣道ノートをつける方は以下のような内容を盛り込んでみるとよいでしょう。

 

練習メニュー

まず、絶対に剣道ノートに書いておきたいのは「練習メニュー」です。

 

その日の稽古ではどんな練習をしたのか書き込んでおけば、練習メニューの見直しや練習量の確認にも役立ちます。

 

試合の勝率と練習メニューの関係をみることも、自分に必要な練習を分析するために重要なポイントです。

 

練習での反省

次に「練習での反省」を書くようにしましょう。

 

ただ漫然と同じ練習を繰り返すのではなく、
「次回は○○の練習を多めにする」
とか
「○○の練習メニューを見直す」
など、練習で気がついたことを何でもいいので考えます。

 

しっかりと自分の頭で考えて練習をすることでこれからの方針も決まりますし、何より練習そのものの質も上がることでしょう。

 

指導者への質問

剣道ノートを指導者に渡すなら、「指導者への質問」を書くのも効果的です。

 

複数の生徒を見ている指導者には、その場で質問するのが難しいことも多いでしょうから、ノートを介して質問することで次回以降の稽古が充実します。

 

この他にも、剣道ノートには

  • 気がついたこと
  • 実行したこと
  • 食事メニュー

など、役立ちそうなことは何でも書いていきましょう。

 

現時点では役に立たないような情報でも、長く書き続ければ必ず掛け替えのないデータになっていくはずです。

 


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら


スポンサードリンク

関連ページ

剣道の団体戦の記録をつけるスコアブックアプリ アンドロイドAndroid
剣道の団体戦で記録をつけていると思います。その記録をつけるのを楽にするスコアブックアプリです。便利な機能もあります。
剣道の団体戦の記録に役立つアプリ iOS iPhone
剣道の団体戦でスコアをつけるのに便利なアプリがあります。さまざまな機能がついていますので、試合を分析したりするのに便利なアプリです。