昇段審査や大会の試合では、剣道着や竹刀、防具等の着装はきっちりと着用を!

武道家におすすめの情報

昇段審査や大会の試合では、剣道着や竹刀、防具等の着装はきっちりと着用を!

昇段審査や大会の試合では、剣道着や竹刀、防具等の着装はきっちりと着用を!

私は剣道を続けてきていますが、剣道をするために身に付ける剣道着、竹刀や防具の着装は、乱れることなくきっちり着用をした方がいいと思います。

 

これは初段から高段位の方まで共通する大事な内容かと思います。

 

私が、高校生の時に剣道部に入部した時です。

 

一つ上の先輩でOさんという方がいました。

 

身体能力も高く、掛かり稽古や試合でも強い方でした。

 

しかし、残念だったのが着装でした。

 

常に色褪せた剣道着。

 

胸が開けていて、袴も折れたまま。

 

防具も塗装がはがれている物を使用していました。

 

私は入部して、夏の大会に団体戦のメンバーとして選ばれました。

 

代わりに、Oさんが外されました。

 

私は嬉しかった半面、何故という疑問がありました。

 

思い切って顧問の先生に理由を問いただしてみました。

 

すると先生は言いました。

 

「どんなに強くてもね、試合や昇段審査。大会。どんなに高い技量を見せたとしても、審査員の印象、心象は変わってしまう。厳しくなる。辛口の審査になる。指導者の私が責められるのは致し方ないとしても、君達他の稽古をしている者達もそんな色眼鏡で見られちゃう。だから、着装はしっかりした方がいいぞ!」
と言われたのです。

 

着装の乱れは気のゆるみ

Oさんは高校卒業まで団体戦はレギュラーを外されたままでした。

 

個人戦は出れましたが、試合を見て何度見ても一本決まったと思った場面でも、審判員は無効と判断。

 

敗戦したという結果を何度も見ました。

 

大学や、社会人になって剣道をしても、指導される師範や先生方から今でもよく言われます。

 

「着装の乱れは気のゆるみ、技も中途半端になるからしっかり身に付けてください!」
と…

 

初段以上の昇段審査でも、着眼点の一つとして

  • 「正しい着装」

を意識しろとなってます。

 

 

普段の稽古から意識する

普段の稽古から自分の体に合った剣道具を身に付けることが、昇段審査や試合のいい結果に繋がっていくと思います。

 

着装の乱れによっては、審査では不合格という事があるかもしれません。

 

私自身、審査や試合に出て肌で感じたことがあります。

 

それは、正しい着装、乱れていない剣士は強いです。

 

手合わせしても隙を見せない。

 

弱点が見当たらない。

 

心も体も体幹も強くびくともしない。

 

振り返るとそれができていた選手は強くて、苦戦した選手が多かったと思います。

 

剣道の道着や防具を正しく身につける方法が学べる本はこちら

 

着装を正しくするポイント

着装を正しくするポイントが何点かあります。

 

これは私が常に気を付けて注意している部分です。

 

剣道をしている皆様に活かされればいいなと思います。

 

面の着装

一つが面の着装です。

 

意外と細部まで気が回らず、アバウトに付けている人も多く見受けられる気がします。

 

  • 耳上にある面を縛る為の紐は揃える
  • 大体35〜40センチ以内
  • 面紐の結び目は大体目の高さを基準

にすること。

 

これが上下に少しでもズレてると面も外したり、突き垂れに隙間が生じ怪我をしやすいリスクが出てきます。

 

面紐の着け方動画

 

 

 

 

 

剣道着

次に重要なのが剣道着の着用です。

 

  • 首と襟をしっかり密着

させて着てください。

 

これだけで見栄えがだいぶシャキッとします。

 

そうすれば、胴着の背中や胸の皺も無くなります。

 

最近の審査や大会での受験者、出場者の中には

  • 袴をくるぶしまで隠さずに上げて丸見えの人

や、

  • 破れやほころび
  • 糸のほつれ

があるまま出る方を見ると何も言えなくなります。

 

その様な胴着の着用者の結果は、決していい結果ではないです。

 

鏡を見ながらの着用が一番よくわかるので、見ながらのチェックおススメです!

 

 

剣道着・袴の着方の動画

 

 

竹刀

  • 最後に竹刀が壊れていないか?
  • 自分に合ったものか?

を見極めた適切な物を使用することです。

 

以外に胴着、防具OK。

 

でも、剣道をするために竹刀は…となると、若い選手から年配の方まで手入れもせずに、自分にマッチした竹刀を使用していない方も見られます。

 

竹刀には長さや柄の太さが様々ですが、自分が握って適切な物を使う事です。

 

竹刀があっていないと、構えも乱れて強さも感じられません。

 

剣道の竹刀の選び方を学ぶならこちら

 

剣道に真摯に真剣に取り組む

以前、私が昇段審査をした時に一人の剣士を見ました。

 

その方は防具、着装も綺麗で清潔。

 

強い品格と姿を感じられました。

 

が、よく見ると竹刀の弦が緩々でした。

 

しかも竹刀の一部が割れてました。

 

その方は残念な結果でした。

 

やはり剣道をするにあたり、竹刀、防具、胴着をしっかり身に付けることは、道具を大事にするという事。

 

正しく身に付けることで気構え、心構え、剣道に真摯に真剣に取り組むぞという強い信念と意志も生まれて、大会や審査の出来に繋がると私は思います。

 

正しい着装を実践して頂きたいと思います。

 

剣道の道着や防具を正しく身につける方法が学べる本はこちら


剣道用品を安く買えるお店5選はこちら

竹刀を安く買えるお店3選はこちら

剣道の技の勉強や研究をするならこちら

大人専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

子ども専門の剣道上達の方法を学ぶならこちら

昇級・昇段審査対策を学ぶならこちら

非常識な剣道上達法を学ぶならこちら

剣道で強くなるためにおすすめの動画7選はこちら

剣道初心者が覚えておきたい防具や竹刀の名称や片付け方を解説

剣道初心者必見の無料レポート請求はこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら



よろしければボタン押してください。お願いします。

スポンサードリンク