剣道の竹刀の選び方やサイズなどの基礎知識について

武道家におすすめの情報

剣道の竹刀の選び方やサイズなどの基礎知識について記事一覧

剣道の竹刀の形(胴張り・小判型など)の種類や選び方について

剣道の竹刀はどれも同じように見えて材質や形に、さまざまな種類があります。それぞれの種類によって特徴があり、目的を持った材料や形になっています。ここでは、形について解説します。形は大まかに分けて次のような種類があります。参考にしてみてください。普及型(並)最も一般的な標準な形をした竹刀です。耐久性と安...

≫続きを読む

 

剣道の竹刀の作り方や組み立て方の動画

竹刀は消耗品で、すぐに傷んでしまいます。ある程度はサンドペーパーなどでお手入れして、使うことはできますが、痛みがひどくなると、竹刀を分解して新しい竹で組み立てないといけません。しかし、初心者にとって、どこに弦を通せばいいのか?どうやって巻いていけばいいのか?どう結べばいいのか?わからないことがほとん...

≫続きを読む

 

剣道の竹刀のサイズの選び方

竹刀にはさまざまなサイズがあります。竹刀の長さはセンチメートルではありません。尺と寸であらわされています。小学生以下が使用する3尺6寸は、36(さぶろく)と呼んでいて111センチメートルという感じです。また、小学生以下は3尺6寸以下の竹刀で、特に規定がありませんが中学生以上になりますと、長さや重さに...

≫続きを読む

 

剣道の竹刀の部位の名称

剣道で使っている竹刀。その前に使われているものは木刀でした。その木刀のもとになったものは刀です。武士は刀を自分の命の次に大切なものとして扱ってきました。剣道をしているあなたにとって、竹刀は、武士の刀と同じものです。竹刀をまたいだり、投げたり、杖のようにして粗末に扱ったりはしていないでしょうか?また、...

≫続きを読む

 

竹刀袋を選ぶときのポイント

竹刀袋にはさまざまな素材や種類や色や形などが出ています。自分に合った竹刀袋はどれなのか、よくわからないと思っていませんか?そこで、竹刀袋について、知っておくと役に立つことを紹介いたします。収納力竹刀袋といっても、その竹刀袋に入る竹刀の数はさまざまです。1本しか入らないものもありますし、5本入るような...

≫続きを読む

 

剣道の竹刀の握り方持ち方の動画

剣道の竹刀には基本の持ち方があります。それができていないと、無駄な力が入り、剣のスピードが遅くなったり、腕が疲れて長い時間竹刀を振り続けることができなかったりします。手でV字を作るように握ったり、指にも1本1本力の入れ方が違っていたり、ツバに右手全体がつかないようにしたりと、いろいろな気をつけるとこ...

≫続きを読む

 

剣道の竹刀の中結い(なかゆい)の結び方の動画

剣道の竹刀の剣先の手前にあるのが中結いです。複雑に結んであるような気がしますが、意外とカンタンに結ぶことができます。試合中に中結いが緩んで動いてしまい、直している光景を見たことがある人は多いでしょう。よくあることですので、これくらいは結べるようにしておきたいですよね。また、中結いは、硬く結びすぎると...

≫続きを読む

 

おすすめの素振り用竹刀で剣道に必要な筋肉をつける

竹刀を振るときに必要な筋肉は、前腕や上腕二頭筋、三頭筋、三角筋、広背筋、僧帽筋など、様々な筋肉が関わってきます。それらをウエイトトレーニングで鍛えることは、非常に有効なことだと思います。しかし、剣道をする時の理想の筋肉は、やはり、剣道をするときの動作でつけていくことです。打突を強く速くするには、素振...

≫続きを読む

 

竹刀のお手入れやメンテナンスの道具

剣道の稽古で、すぐに竹刀が割れてしまったり、ささくれてしまったりします。安い竹刀をたくさん買っておくというのも一つの手ですが、試合で使う実戦型などの竹刀は、価格も高いためそういう訳にはいかないでしょう。そこで、やっておきたいのが、竹刀のお手入れです。お手入れといっても、今は、簡単にできる道具がありま...

≫続きを読む

 

軽く感じる実戦型竹刀の激安販売店

自分から積極的に攻撃し、相手が攻撃してきても、返し技や応じ技で、すぐに反撃をしていくような剣道をする人にとって、竹刀は軽いほうが、そのような剣道をしやすくなります。竹刀のスピードが重要で、打突の回数が多く、竹刀の動く量が多いためです。しかし、竹刀の重さはしっかりと決まっていて、それ以上軽くできません...

≫続きを読む

 

カーボン竹刀のメリットとデメリット

竹刀といえば主に真竹か桂竹から作られていますが、カーボン素材で作られるカーボン竹刀もあります。竹の竹刀は昔から流通してて「型」が豊富で、練習用の安価なものは2000円弱から、実践型のものでも1万円以内から購入することができます。一方、カーボン竹刀は比較的「型」に自由がなく、値段も2万円弱から3万円程...

≫続きを読む

 

よろしければボタン押してください。お願いします。

スポンサードリンク