空手の試合で勝つための練習方法

武道家におすすめの情報

空手の試合で勝つための練習方法記事一覧

互角の相手に勝つための試合運び

「勝つための試合運び」をテーマにして、審判側からの考え方で書いてみます。対戦する両者の力量で、あまりに大きな差があるような試合、または『技あり』が既にある、5-0の判定になるような試合ではこの考えは当てはまりません。審判は同じような攻撃力で決定打がなく、互角の状態であれば『引き分け』にします。それは...

≫続きを読む

 

フルコンタクト空手初心者が試合までに鍛えておきたい技術や能力とは?

日々稽古に励んだ成果を披露する空手の大会。まだフルコンタクトの経験が浅くとも、参加するからにはぜひとも勝ちたいものです。負けてしまって得ることも多いですが、勝てば自分の自信にもなりますし、より日々の稽古が楽しくなります。今回は、まだまだ初心者に近いけれど試合に参加するからには絶対に勝ちたい!という熱...

≫続きを読む

 

有利な試合運びができる中段前蹴りの利点・基本・練習方法・注意点

フルコンタクト空手の試合で勝つことを目指しているのに「試合には出ているけどなかなか勝てなくて悔しい」「なかなか自分の思う通りの試合運びにならない」などという悩みはありませんか?そんなときは、試合中に心の支えとなる「自分はこれだけは負けない!」という得意技を1つ、持っておくことが大事です。得意技といっ...

≫続きを読む

 

フルコンタクト空手の普段の練習で気をつけるポイント

空手は己の心身を鍛えるもの。試合は、その日々の練習で、如何に自分が鍛えられたのかを「試し合う」場所と言われます。私もその通りだと思いますが、やはり試合に臨む以上は勝ちたいですよね!ここでは、自分の経験と知識を織り交ぜながら、少しでも役に立つことを書いていきたいと思います!準備体操・柔軟運動〜股関節と...

≫続きを読む

 

伝統派空手の試合で勝つためのポイント

精神と肉体の両方を鍛えられることで定評のある格闘技といえば空手です。中でも伝統派空手と呼ばれる流派は、型を重視することが特徴ですが、組手による試合も盛んに行われています。勝負するからには勝ちたいと思うのが自然な心理ですが、伝統派空手の試合で勝つためには、どんなポイントに気をつければよいのでしょうか?...

≫続きを読む

 

大きなダメージを与える膝蹴りのコツや注意点、試合での使い方

日々練習に励み、フルコンタクト空手の試合などにも何度か出場していくと、「試合中もっといろいろな技を出せるようになりたい!」という向上心を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな熱心なフルコンタクト空手愛好家の方に、今回はヒットすれば相手に大きなダメージを与えられ、かつ決まるとかっこいい膝蹴り...

≫続きを読む

 

相手の前蹴りを利用しよう!受け方、よけ方、返し技、合わせ技のポイントと注意点

前蹴りは自分の得意技であれば、フルコンタクト空手の試合において強力な武器となります。有利な試合運びができる中段前蹴りの利点・基本・練習方法・注意点ですがその一方で、前蹴りが得意な相手と戦うというのは、非常にやっかいで苦戦するものです。今回はそんな相手と対戦することになっても、有利な試合運びができるよ...

≫続きを読む

 

下段回し蹴りに対する返し技、合わせ技、受け方などのポイントや注意点

下段廻し蹴り(ローキック)は、基本的には伝統派空手の試合では使われることのない、フルコンタクト空手など実践系空手ならではの技です。相手の足にダメージを与えるということは、相手の動きを鈍らせ、より自分に有利な試合運びをするチャンスを作り出すことができるということです。それだけにフルコンタクト空手の試合...

≫続きを読む

 

フルコンタクト空手の試合では理想的な体勢で試合を進めることが重要

直接打撃が認められるフルコンタクト空手では、常に理想的な体勢で試合を進めることが重要です。どんなに威力のある攻撃でも、崩れた体勢から放たれたのでは、本来の攻撃力は発揮できません。基本中の基本を大切に、試合中正しい姿勢を維持できるよう常に意識しましょう。スタンスは肩幅より拳一つ分広めにとるフルコンタク...

≫続きを読む

 

空手の大会当日の持ち物や準備物、流れ、大会後のケアについて

空手の大会では、誰もが良い成績を残したいと考えています。ここでは普段の稽古の成果を発揮できるように、大会への準備や当日の流れについてまとめました。せっかく頑張って稽古したのに、必要なモノを忘れてしまっては頑張りも半減してしまいます。しかし、忘れ物は誰でもしてしまうもの。大会当日に慌ててしまわないよう...

≫続きを読む

 

よろしければボタン押してください。お願いします。

スポンサードリンク