剣道での怪我の対策について

武道家におすすめの情報

剣道での怪我の対策について記事一覧

剣道初級から中級者が気をつけたい「踵骨骨端炎(シーバー病)」って?

剣道を始める年齢というのは人それぞれですが、特に年少者の新米剣士が多くぶつかる壁として「かかとが痛い」ということがあります。もちろん、これは大人の新米剣士でも多くあることですが、身体の成長度合いから見ても、少年期に多く発生する傾向にあります。実はこのかかとの痛み、昔は「そのうち治る」で済まされていま...

≫続きを読む

 

少年剣士よ、背中とカカトには気をつけよう

剣道という武道は、小学校一年生くらいからスタートすることができる武道として知られており、実際に小学校入学と同時に、剣道のキャリアをスタートする人も多くいらっしゃいます。しかし、少年剣士には気をつけなければならないケガのリスクが沢山隠されています。特に、小学生くらいまでの剣士の皆さんは、背中カカトには...

≫続きを読む

 

よろしければボタン押してください。お願いします。

スポンサードリンク