組手を上達させる効率的な練習法とは?

武道家におすすめの情報

組手を上達させる効率的な練習法とは?

組手を上達させる効率的な練習法とは?

空手の中で実践形式の戦いを行う組手。

 

流派によって実際に当てる形式から寸止めまで、その形式は様々ですが、空手をやっている以上組手を上手くなりたいと思うものです。

 

今回は、そんな空手を速く上達させる組手の練習法について見ていきたいと思います。

 

 

上手い組手とは?

上手い組手とはなんなのでしょうか。

 

型は明確に上手いかそうでないかを判別すべきラインがありますが、組手においてはそれを判断するのは難しいです。

 

しかし、常に上位入賞する選手がいるのも事実です。

 

上位に入ってくる選手は、秀でた物を持っていますが、それだけ人の目にも触れるので対策を練られます。

 

それでも勝ち続けられる理由があるはずです。

 

先ほども述べたように、流派によって考え方が異なると思いますが、確実な事は「上達する効率的な練習法」を実践していると言う事です。

 

それでは上位入賞者も実践している練習法についてみていきましょう。

 

 

技のレパートリーを増やしていこう

組手の根幹とも言える技の数々。

 

そんな無数にある技の効率的な練習法とは一体なんなのでしょうか。

 

結果から行ってしまえば、自分の中で

  • ピラミッド型に技を作り上げる

事です。

 

ピラミッド型というのは、上に行けば行くほど尖っていき、下に行けば行くほど広がっていきます。

 

つまり、頂点にある一つの技を自分のメインの技とし、そこから技を派生させます。

 

そして、その中から自分の決定力のある技を作り出し、さらにピラミッドの下の方には牽制に使える技などを考えていき、結果的にピラミッド型にレパートリーを増やしていきます。

 

まずはこれをある程度作り上げる事が大事になります。

 

練習法ですが、まずは頂点にある技は、

  • 足の引き上げスピード
  • 相手に当たるまでのスピード
  • 間合いの間隔
  • より安定して技を出せる足幅
  • カウンター時のタイミング

までチェックします。

 

決定打といっても力が強いや速さが速いだけではなく、細かな部分まで理解することを意識してミット蹴りなどを行いましょう。

 

また、同じ形から複数の技を出せるとようにする事で、技を推測される確率を減らしていきます。

 

このためには、先ほどのピラミッド型で下の方に位置付けした牽制用の技を練習し、決定力を挙げて昇格させる必要があります。

 

これを繰り返す事によっリサーチされても、次々と新しい技を繰り出して行く事ができるようになります。

 

 

 

 

自分を外から見て弱点を探ろう

人の組手は見て対策を考える事は簡単に出来ますが、自分の組手は中々そうはいきません。

 

そんな組手を練習する上で、とても役立つのがビデオカメラ。

 

練習でも試合でも

  • ビデオカメラで対戦内容を撮影する

事で後で見返すことが出来ます。

 

では、ビデオカメラで撮影して何をするかと言うと、「自分の攻略法を探る」ことです。

 

力量が同じか上の方との試合で、自分が勝った試合が最も有効で、なぜ勝ったのかを理解するとともに自分の隙を探します。

 

そして見つけ出した隙をどのように攻めるのかを考え、さらにその対策まで検討します。

 

その後実際にその動きをイメージして動きの確認を行います。

 

これを繰り返す事で自分の傾向であったり弱点を自分自身で明確に分かるようになります。

 

 

試合形式では色々な試しをしよう

 

試合形式での練習は、勝ち負けよりも上で述べたレパートリーの練習や対策の試しなどを行いましょう。

 

どうしても試合形式となると、同じ練習仲間であっても「勝ちたい!」と言う気持ちが先行してしまいがちです。

 

しかし、ここで勝ったからと言って得られる物はわずかです。

 

それならば、自分を向上させるために練習した技を、

  • 実践で使ってみてどの程度効果があるのか
  • 自分の対策は本当に通用するのか

といった部分を試したほうが何倍も効率的です。

 

勝ち負けにこだわらずに、実際の試合で勝てるように練習するのが大切になります。

 

大きなサイクルですが、これは実践すべき練習法なので是非試してみてください。

 


空手着や空手用品を安く買えるお店はこちら

空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE

空手の世界チャンピオンから上達法を学ぶならこちら

フルコンタクト空手を科学的に分析・解説しているのはこちら

試合で自分の力を100%発揮できる方法を学ぶならこちら



よろしければボタン押してください。お願いします。

スポンサードリンク